FC2ブログ
加圧トレーニング集団訴訟裁判
加圧トレーニングの不正をあばくブログです。
裁判官がこの問題は別の場所で(裁かれるべき)だといった
加圧の問題はトレーニングではなく瞬間に圧をかけること、圧のかけかた、それを行う器具の開発が大事だったのに
資格の問題にして事故がおきていたことも資格がないからだとへんな理屈が通っていたことだと
思います。実際に年間200件以上事故がおきていたことを加圧トレーナーならだれでもしっています。
脳死になった人と裁判をしていたこと、また私が実際トレーナー9人やとって全員、お客様を失神させ
中には頭痛、ひどい点状出血になった人もいます。

他のところで失神させられた、点状出血になった、頭痛になった、1年間仕事ができなくなったという
人は今でも訪ねてきて、佐藤さんは法律で罰せられないのかと怒っていた人もいます。

そして今全ての加圧トレーニング関係会社がただの加圧の効果だと宣伝し始めました。

まずkaatujapanは加圧と除圧を繰り返す加圧サイクルで加圧トレーニングの効果はすべてでると今
宣伝しています。これこそ詐欺!詐欺!特許をとった筋トレ方法を自ら否定しているのだから。

またBFRというところも1ポーズごとに除圧しているそうです。
つまりただの加圧、瞬間の強い圧をかけることこそ加圧の本当の効果を生み出すのです。

唯一、VRCはあいまいにせず、圧の時間や圧のかけ方を詳しく解説しそれをプログラミングされた機械を
うっています。トレーニングはトレーニングの原則に従ってきちんとおこなうほうがいいのです。

駆血でほとんどの効果はでるし、そのあとも速筋を鍛える運動も5分以内で終わらせればなにも起きない。
血流を改善し神経に働きかければ神経が筋肉を支配しているのだからこの効果はでて当たりまえなのです。

あれ程までの危険なトレーニング方法を特許をとって広めてしまったことは罪にならないのかと思います。

裁判官がこの問題は別の場所で!といったのはほとんどの加圧トレーニングの医療データが加圧と除圧を繰り返す操作を行って出されていた点です。そのあとまいたままトレーニングをしていたから加圧トレーニングの効果だとされてきましたが実は加圧と除圧だけでほとんど効果はでていたのです。
そして福田先生は加圧と除圧を繰り返すだけでほとんどの医療データを加圧と除圧を繰りかえすだけでだすことが
できるとデータをだしています。加圧トレーニングは不正データなのです
切り餅訴訟にあったとおり、ある要素でその効果がすべて出ているときはそのあと何を足してもある要素の効果なのであり
加圧トレーニングのリハビリ、医療データは効果をかさまししていただけです。

治療者は加圧と除圧を繰り返す操作だけで効果はほとんどでます。
いますぐあんな危険なトレーニング方法はやめてください。




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する