FC2ブログ
加圧トレーニング集団訴訟裁判
加圧トレーニングの不正をあばくブログです。
千住真理子さんの加圧トレーニング
2月12日の月曜に日本テレビの深くていい話に千住真理子さんがでていて加圧トレーニングをしている様子がでていました。
なんと加圧ベルトをしたままバイオリンをひいていました。

運動をしていません。

このジムは渋谷の美容クリニックで院長のブログで加圧トレーニングは圧がたりなかったのだと書いています。運動の適切圧が間違っていたと認めています。

千住さんは駆血状態にしていたのだと思います。バイオリンを引き終わって汗だくになっているといっていましたからまさに
筋トレというより代謝をあげる駆血状態です。実験しましたら発汗は1分から2分しか圧をかけない駆血のほうが高いのです。
しかしあの加圧マスターの加圧ベルトではとても痛いと思います。
駆血ベルトでなくては効果がきちんとできないとこのクリニックに手紙を書こうと思いました。

すでになんどか記事にかきましたが加圧トレーニングの運動の適正圧、上肢80~150、下肢120~250といっていましたがすべて間違い。
この圧ではサポータと一緒です。これくらいしか圧をかけなかったから30分以上も圧をかけおまけに運動しないと
効果がなかったのです。

本当の加圧の適正圧は駆血の80%なのです。加圧マスターの加圧ベルトなら上肢160以上、下肢250以上圧をかけると
筋肉肥大させる効果が一番高いとアメリカスポーツ医学会で結論づけられています。

そしてこの圧であれば数分でオールアウトになります。つまり速筋まで働いています。

RIPとMCTでウォームアップしてレジスタンストレーニングしたほうがきちんとした筋肉がつくでしょう。
加圧をバカにしていたボディービルダーやパーソナルトレーナーの方にこそこのRIPとMCTをとりいれてもらいたい
確かに加圧トレーニングだけだと筋トレ効果は薄いですがあくまで次にくるものの効果を引き出す
ウォームアップ加圧として使用してもらいたい。本当の効果がわかるはずです

このまえ大手スポーツクラブの方がMCトレーニングを体験したった2分で筋肉痛になったのでもう
加圧トレーニングやめるといっていました。糖尿病や狭心症の方
もできる加圧で医療特許もとっていると
いうと安心してもらえました。

このほうがマシンも使ってもらえるし、プールも使ってもらえる。

加圧トレーニング単体で終わってしまう形態よりVRCのノウハウのほうが施設にとって
ふさわしいと思ったようです。
なにより加圧トレーニングでクライアントに危険な目に合わせていたことを痛感しているようでした。
一番の決め手はやはり危険性でしょう。

脳貧血や点状出血、頭痛、めまい、はては脳梗塞や脳死まで。

5年間しか加圧トレーニングをしていなかった私が知っている事故だけでも10以上あります。

今度VRC開発者が個人の方が使う加圧と除圧を適正圧で自動で行いながら歩行できる機械を3月に売り出します。

資格代いれて300万なんてもうナンセンスなところと付き合うのはやめましょう。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する