FC2ブログ
加圧トレーニング集団訴訟裁判
加圧トレーニングの不正をあばくブログです。
血管トレーニングは加圧トレーニングではない
発明の名称:加除圧制御システム及びその制御方法並びに血管強化方法
・発明者:佐藤義昭(当社最高経営責任者CEO)
・特許番号:特許第5255722号
・特許出願日:2012年9月28日
・登録日:2013年4月26日
※発明の詳細につきましては、8月7日付けで特許庁から発行された特許公報をご確認下さい。

本件特許は、佐藤義昭の長年にわたる試行錯誤により生み出された画期的な発明に対してなされたものであり、使用者の四肢の付け根にベルトを巻き付けて加圧と除圧を繰り返すことにより、使用者の血管の血管内皮細胞から生成される一酸化窒素を増加させ、もって血管を強化する方法等を提供するものであります。

佐藤氏が血管トレーニングという器具の特許をとったので加圧トレーニングがまた特許で守られているようなアナウンスをしています。特許がきれたから同じ内容で特許をとることはできないはずなのにです。

今も加圧と除圧を繰り返すこの器具を購入するにもつまり医療行為を行うにも加圧トレーニングの資格が必要だと言い張っています。

だいたい今まで加圧トレーニングの特許のなかで縛っていた内容を新たな発明だといっています。
加圧トレーナーはなんら新しいことをいっていないとみんなわかっているはずです。
であるならただの筋トレ特許の加圧トレーニング特許が濫用されていたという証拠を自らだしたようなものです。

血管トレーニングの機器を購入するのは加圧トレーニングの資格などいりません。

加圧トレーナーのみな様、加圧マスタープロを購入するのに資格がなぜ必要なのか医療行為と加圧トレーニングは
関係ないはずだろうと質問をkaatujapanにしてみてください。


加圧マスタープロのPDFがいつの間にか消えていました。加圧と除圧を繰り返すウォームアップ効果という
広告が消えているのです。誰かに医療行為、リハビリは加圧トレーニングと関係ないはずだろうと指摘されたのではないかと
思うのです。

加圧と除圧を繰り返すだけで筋トレ効果もあります。私のお客様で1か月で駆血と針治療で体脂肪が3%も
落ちました。本当のトレーニング効果を得ようと思うなら加圧と除圧をくりかえしトレーニングはきちんとした
負荷をかけたほうがいいと思います。締められていると可動域も制限されますので。

そう考えると一般のトレーナーもこの加圧と除圧が加圧トレーニングではないと特許より新規性のあるノウハウであると
わかった今この医療行為も加圧トレーニングだとアナウンスされたのだからそれ自体に欺罔行為があると
裁判に加わってもらえるのではないかと思っています。

次回は7月に口頭弁論があります。前回の口頭弁論では佐藤氏の講習会のテープを提出しました。
代理人はあえてこれに対して反論しませんでした。あまりに怖い発言のオンパレードだからです。

加圧トレーニングで成長ホルモンが大量に分泌されるから癌細胞も消えるのだ。
 → 医師法違反だと思います。以前子宮筋腫が消えるといって患者を集めた整体師が警察に捕まりました。
   そのレベルよりひどいと思います。

皮膚科医にはわからない。臨床医は英文の専門書を解せないから翻訳をしてやっている。
 → 医師を馬鹿にしています。医師も従わせることができるようにタニケットという止血帯をつかっても
   加圧トレーニングをしてはならないといった後にこのように馬鹿にする発言を繰り返しています。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する