FC2ブログ
加圧トレーニング集団訴訟裁判
加圧トレーニングの不正をあばくブログです。
都合の悪いことは口頭で
16日月曜口頭弁論が行われ、この中でkaatujapanの代理人がまた口頭でやばいことをいいました。

医療行為、医療類似行為は特許と関係ない。契約は加圧トレーニング方式の講習としてかわしたもので
担当者が契約に特許の許諾が必要だといってないはずだ。


これは12月25日に受け取った回答書でいっていることと正反対です。
おまけに本部に問い合わせても担当者は変わっているからもういないとまでいいました。

ひどすぎます。問い合わせても証拠もでないぞまで念をおしたのです。
つまり以前は特許があるから、特許があるから資格をとらないと加圧トレーニングをしてはだめだと資格者に連発していた証拠です。急に弱気なことを言い始めました。

医療行為であろうが医療類似行為であろうが特許に抵触した行為をしたら資格がいるのだといっていたのは
kaatujapanの代理人ではないか

我々にあれだけ加圧トレーニングは特許で守られているといって実際私もリハビリの技師なのだが治療に使うのに
必要かと電話で問い合わせると特許がありますから資格が必要ですといわれた


おまけに店にまで電話してきて加圧トレーニングを資格のないやつにやらせるなと恫喝したのは誰だ!

以前聞いた話ではこのような魔女狩り的な行為を統括指導者達がkaatujapanの代わりに手と足になって行っていたのです。それでいきなり養成してもマージン払わねえぞでしょ。
あの有名なKさんという○○ダンスで一斉を風靡した方もHさんのジムで所属トレーナーに近所で資格なしで加圧トレーニングをやっているものがいないかチェックさせていたというのです。

それくらい特許で守られているとkaatujapanは我々を脅していました。

TMIは微妙にやばいことは紙面では残さないように口頭だけにするという非常にずるいやり方を
これまでもずっとしています。

去年の特許無効審判では加圧トレーニングは医療行為と関係ない、医療行為を行うのに医師等に権利を行使していないと
口頭でいいました。

ですからこの部分の証拠を法廷で探すと口頭でいっただけだからないといわれ、原告だった人だけの証言しかないということに今なっているのです。ですが今回もまた都合の悪いこと、核心にふれる部分だから口頭でいいました。

このようにまたうまく逃げおおせると思っているのでしょうか

今回は医療行為という漠然とした追及をするつもりはありません。

佐藤さん自身が行っている講習をきいても加圧治療として血管トレーニングを行っていました。
去年加圧トレーニング方法論がきれて特許として新規に取得した血管トレーニングの方法に抵触することを
自らずっとおこなってきたのじゃないか。あらたに特許を取り直したならそのノウハウは違うものではならないはずです。今までやっていたノウハウを筋トレ目的だといっていたノウハウを今度は正直に血管強化目的だと
やっていることは変わらないのに本当のことを自ら暴露した。つまり血液を貯留するのではなく開放し流すことだと。
正反対のノウハウを以前は同じ特許の中で縛っていたのだ
今回は加圧治療という名前で自分のノウハウでないものを加圧トレーニングの範疇にいれて教授し
医師でさえ従わせた点を追及するつもりです。
講習会では自分のことを影のボディービル協会会長だといっています。これほどまでに
おこがましいことをいえるようにした本当の加圧の効果とはなんなのか
今現在加圧と除圧で治療とトレーニング両方を行いその効果を実感している私が明らかにしたいと
思います。

先日某大手法律事務所に相談にいってきました。去年の判決が医療行為を争点にしているのなら
その判決はおかしくない。しかし今回特許明細が筋トレなのにRIPCのような筋トレではないものを教えているのなら
ましてRIPCが加圧トレーニングより新規性があるのなら十分特許無効はありうると教えてもらいました。
現在の特許事項の判定として医療行為も範疇にいれていこうという方針になっているそうです。
ただ特許というのは新規性なのだと。これが一番重要なのだと教えてもらいました。

今一緒に加圧トレーニング方法論を特許無効に特許庁に提起している人がいます。
彼が去年提起したことでkaatujapanのビジネスの詐欺性が明らかになりました。
ですがとても惜しいところで特許無効にできなかったと思われます。
頑張ってくださいとしかいえませんが(個人的なおつきあいは一切ないので)
今回は証拠が出揃ったと思います。ですから過去および現在の加圧トレーナーの皆さん
期待していてください。
権藤氏のもとに何人か医療類似行為者でない人が電話してきて150万から250万くらいの支払いの
方が多いようなのですがそんなお金を払わなくてはいけないものだったのかと問い合わせが来るそうです。
払わなくてよかったといわせたいなら詐欺の立証をしなくてはならない
そのためにみなさんご協力お願いします

争点にするは医療行為ではない。加圧治療はノウハウが違うということ。
これを今回の返還訴訟で明らかにし特許無効につなげたいと思います。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する