FC2ブログ
加圧トレーニング集団訴訟裁判
加圧トレーニングの不正をあばくブログです。
成長ホルモンの値不正広告
元資格者の医学博士 Y氏がT大学で加圧トレーニングメソッド(1RMの20%)で
測定した成長ホルモンの値です。単位(ng/l) 圧は運動の適正圧 

       運動前     運動後15分    運動後30分    倍率
A      2.46       6.21         5.34        2.5倍
K.I     0.88       0.57         1.19        1.3倍
M.I     0.33       2.29         3.23        9.7倍
T      0.53       0.18         0.41        0.7倍
K2     0.27       0.23         0.18        0.8倍
N      1.78       1.35         1.35        0.7倍
S      0.26       6.49         3.4         24倍
M2     1.15       1.53         1.57        1.3倍
K3     3.57       3.24         3.83        1.0倍

大阪教育大学の値は初期値を提示しておらずすべてほとんど0からの値変化になっています。
(グラフから抜粋 初期値を提示していないので正確な値ではなくこれ以下の倍率が正しい値)

       pre値    15分後    30分後     倍率(最大)
H.A       0       10       6       10
Y.Y       0       16       12       16
M.T       0       2.        4       4
J.T       0        14      10        14


ごらんのとおり運動後15分後にピークを迎え(すべての人が)100倍から300倍になります
というのは真赤なうそだというのがおわかりになると思います。

このような虚偽の値を資格者にもまちがっていたとあやまらないから
私が確認した限りで成長ホルモン300倍!とか
成長ホルモン290倍でお肌つるつるとか宣伝しているところが
加圧トレーニング 成長ホルモン 300倍と検索すると5000以上ヒットしました。
つまり加圧トレーニング施設のほとんどがこの値を信じてお客様に宣伝して
いることになります。
去年HPを有料審査すると自ら言っているのでこれらはすべてkaatujapanの
責任です。

またこの値が独り歩きしている証拠に銀座のあるエステサロンが
加圧トレーニング施設ではないのに加圧で成長ホルモン290倍
宣伝しています。またユーザーも誤解し成長ホルモンという若返りホルモンが
290倍加圧トレーニングをするとでるんです。となど書いているブログが1000以上あります。
これは大きな問題ではないでしょうか。

これは不当表示を続けたkaatujapanの責任です。
私は論文が不正であるといっているのではありません。論文の値はほとんどの人がでない値である限り
宣伝に使う値としておかしいといっているのです。

去年は社長もクビにするし教科書(加圧トレーニングの理論と実践、今でも教科書なんでしょうね?)の共同執筆者の多くも佐藤氏と縁をきるか距離をおいているということを資格者でもしらない人も多い。

マスコミの皆様、どうかこの値の不正を糾弾してください。
スポンサーサイト
コメント
コメント
NO濃度を加圧トレーニングとグーパー運動で比較したら面白そうですね。
2014/09/10(水) 09:26:19 | URL | #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> NO濃度を加圧トレーニングとグーパー運動で比較したら面白そうですね。

加圧トレーナーさんなのですか HGHの値のことしかよくわかりません。
NOは動脈硬化に関係したものですよね。血管の弾力性が高まる物質ですよね。
私は研究者ではないのでわかりません。

HGHが100倍から300倍になると断定したパンフの広告をうのみにジムの宣伝広告文に
つかっている施設が私が確認しただけで1000以上あります。

kaatujapanはHPで謝罪文をださなくてはいけないと思います。

出させるように今働きかけていますのでお待ちください。
2014/09/10(水) 13:34:59 | URL | kaatusaiban #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する