FC2ブログ
加圧トレーニング集団訴訟裁判
加圧トレーニングの不正をあばくブログです。
今月末特許無効審判判決
今月末特許無効審判が判決がでます。

もしでなければ和解しているということです。
和解は完璧なkaatujapanの負けです。
高裁は特許庁と違って法律にのっとり裁きをくだすところです。
特許庁の国の裁量で裁くところとは違って厳格に裁きを
してくれると信じたいと思います。

我々は地裁と高裁で2回和解を打診されたのです
これでなにもkaatujapanにお咎めをしないとなると明らかに
事実を隠ぺいして世の中の必要悪であったと認めることです。
はっきりとデータ不正をしてきたのだと判決にだしてほしい。
発明以上の効果も自分の発明だといってきた。だから我々医療関係者が高い資格代を払っても
それを実践したいと思ったのだ。
じっさいは加圧と除圧という血流を遮断し再灌流を行う駆血こそが本当の治療の効果を
もたらすものだということ。それは加圧トレーニングというただの筋トレとは別物であり資格などいらない安全なものだということ。
そして佐藤さんの特許より前からある公知の事実で世界中で心臓外科医や脳外科医が研究してきたものだということ。
悪質なのは加圧トレーニングとして加圧と除圧だけでデータをだしておいてまた血管トレーニングとして特許を取り直して
いる点。あきらかに治療の加圧は筋トレのノウハウとは違うと本人が知っていたのに医療関係者に特許権を行使していたのです


ここまできたらとことん追求します。司法は丸く収めてあまり騒いでもらいたくないようですが
私はお金が却ってくることよりこの事実を隠ぺいしようとしている勢力が許せないのです。
駆血だけに切り替えて本当に良かったと思っているし商売で儲からなかったから返還訴訟をしていると
思われたくない。
はっきり高裁の裁判官もこれが公になれば大問題になるといっているのです。

当方の弁護士によると今回kaatujapanの弁護士はいままでとはまったく違ってやる気が
まるでないそうです。
なんかどうでもいいかのような文章をだしてきているそうです。

地裁の最後もそうでした。主任弁護士のN氏は私が脳梗塞後遺症の血管が増えているデータは加圧と除圧だけで
だされている、特許の効果でないものを効果というのはおかしいというと
天を仰いで首をふっていました。

佐藤さんがやってきたことがおかしいことだとはkaatujapanの弁護士もわかっているのです。
だからやる気ゼロなのです。
スポンサーサイト